カルテを登録する

修学カルテ管理者が、使用するカルテの内容を決めます。カルテの内容をXMLファイルで記述します。

  1. WebClassにログインします。

  2. コースリスト画面で、メニューから「学習と振り返りの記録」>「修学カルテ (管理)」をクリックします。

    course list to shugaku carte admin
  3. 修学カルテ(管理)画面が表示されます。「設定」をクリックします。

    shugaku carte admin to settings
  4. 修学カルテ設定画面が表示されます。ここからXMLファイルを登録できます。

    shugaku carte admin settings

XMLのフォーマットについては、カルテXML仕様を参照してください。

カルテのサンプルXMLを以下に例示します。学生がルーブリックで自己評価をしアドバイザーがコメントを付けることができるカルテです。

<doc id="sample"  title="必要な資質能力についての自己評価" order="0">
  <doc_template>
    <profile>
      <param name="profile.faclt" list-column="true"  edit-auth="self" label="学部"/>
      <param name="profile.dept" list-column="true"  edit-auth="self" label="学科"/>
      <param name="profile.photo" list-column="false" edit-auth="self" label="写真"/>
    </profile>
    <cards>
      <static_card id="grade1" title="1年次">
        <field id="self-assessment" ref="self-assessment"/>
        <field id="comment" ref="comment"/>
        <field id="adviser-comment" ref="adviser-comment"/>
      </static_card>
      <static_card id="grade2" title="2年次">
        <field id="self-assessment" ref="self-assessment"/>
        <field id="comment" ref="comment"/>
        <field id="adviser-comment" ref="adviser-comment"/>
      </static_card>
      <static_card id="grade3" title="3年次">
        <field id="self-assessment" ref="self-assessment"/>
        <field id="comment" ref="comment"/>
        <field id="adviser-comment" ref="adviser-comment"/>
      </static_card>
      <static_card id="grade4" title="4年次">
        <field id="self-assessment" ref="self-assessment"/>
        <field id="comment" ref="comment"/>
        <field id="adviser-comment" ref="adviser-comment"/>
      </static_card>
      <appendable_card id="extracurricular" title="課外活動" append-auth="self">
        <field id="activity_date" ref="activity_date"/>
        <field id="activity_text" ref="activity_text"/>
      </appendable_card>
    </cards>
  </doc_template>
  <field_templates>
    <field_template id="self-assessment" type="rubric" title="自己評価ルーブリック" edit-auth="self" require="true">
      <rubric>
        <rubric_header>
          <level value="1">全くできていない</level>
          <level value="2">あまりできていない</level>
          <level value="3">まあできている</level>
          <level value="4">よくできている</level>
          <level value="5">とてもよくできている</level>
        </rubric_header>
        <dimension id="area-a" title="分野A">
          <option level="1">まったくわからない</option>
          <option level="2">基礎的なことは理解している</option>
          <option level="3">他者に最低限の説明ができる</option>
          <option level="4">要点をつかんでおり、他者に伝えることができる</option>
          <option level="5">要点をつかんでおり、広範な知識をもち、他者にわかりやすく伝えることができる</option>
        </dimension>
        <dimension id="area-b" title="分野B">
          <option level="1">まったくわからない</option>
          <option level="2">基礎的なことは理解している</option>
          <option level="3">他者に最低限の説明ができる</option>
          <option level="4">要点をつかんでおり、他者に伝えることができる</option>
          <option level="5">要点をつかんでおり、広範な知識をもち、他者にわかりやすく伝えることができる</option>
        </dimension>
        <dimension id="products" title="成果物">
          <option level="1">成果物を提出できなかった</option>
          <option level="2">不完全な成果物を提出した</option>
          <option level="3">成果物を提出した</option>
          <option level="4">テーマに合致した成果物を提出した</option>
          <option level="5">独創的でテーマに合致した成果物を提出した</option>
        </dimension>
      </rubric>
    </field_template>
    <field_template id="comment" type="text" title="振り返り" edit-auth="self" require="true"/>
    <field_template id="adviser-comment" type="text" title="アドバイザーコメント" edit-auth="adviser" require="true" />
    <field_template id="activity_date" type="date" title="日付" edit-auth="self"/>
    <field_template id="activity_text" type="text" title="活動内容" edit-auth="self"/>
  </field_templates>
</doc>

XMLファイルを作成後、カルテを登録します。

  1. カルテのIDを指定します。

    shugaku carte admin settings id
    一度登録したカルテを削除した場合、表示はできなくなりますが、学生の入力データは削除されずに残ります。 同じ ID を指定して登録し直すと、また表示できるようになります。
  2. XMLファイルを選択します。

  3. [新規登録]ボタンをクリックして登録します。

ここでカルテを登録しても、すぐに学生がカルテを使用できるわけではありません。 ここでカルテを登録しておけば、そのカルテを学生に割り当てることができるようになります。