事前準備

運用の流れ

修学カルテの運用に関わるのは以下の役割の人たちです。

役割名 役割

学習記録ビューア管理者

学習記録ビューア管理画面から権限設定を行い、修学カルテに関わる全ての人が、修学カルテの画面にアクセスできるようにします。

修学カルテ管理者

XMLからカルテを作成して、学生にカルテを渡します。

アドバイザー

学生がカルテに書き込んでいる内容を確認して、アドバイスや評価を記入します。

学生

自分のカルテに記入します。

これはあくまで例です。権限設定の仕方によって、複数の役割を兼任したり、そもそもある役割の人がいなかったりします。運用に合わせて設定を変えていくことになります。

運用準備から運用中までの流れは以下のようになります。

  1. 運用開始準備:権限設定する
    学習記録ビューア管理者が、学習記録ビューア管理画面から権限設定を行い、修学カルテに関わる全ての人が、修学カルテの画面にアクセスできるようにします。
    権限設定で設定方法を解説します。

  2. カルテを設定する
    修学カルテ管理者が、使用するカルテの内容を決めます。

  3. アドバイザーが編集期間を設定する
    アドバイザーが、学生がカルテを編集する期間を設定します。

  4. 学生がカルテに記入する
    学生が、自分のスキルや学んだことをカルテに書き込んでいきます。

  5. アドバイザーがコメントする
    アドバイザーが、学生の書き込みに対してアドバイスや評価を行います。

権限設定

学習記録ビューア管理者が、学習記録ビューア管理画面から権限設定を行い、修学カルテに関わる全ての人が、修学カルテの画面にアクセスできるようにする必要があります。 そのために組織を作成し権限設定を行います。

運用できる最小限の構成例は以下のようになります。

organization member
  • 修学カルテ用組織を一つ作ります。

  • 修学カルテ管理者、アドバイザー、学生をそれぞれ別のロールで所属させます。

以下は権限設定例です。

権限名 修学カルテ管理者 アドバイザー 学生

自身のカルテを所有する

担当ユーザーのカルテを閲覧する

担当ユーザーにアドバイスする

担当ユーザーの編集設定を変更する

担当ユーザーへメッセージを送信する

カルテを設定する

組織登録と権限設定の具体的な操作については、学習記録ビューア 管理者マニュアルの権限設定の項を参照してください。

権限一覧

修学カルテプラグインで設定できる権限の一覧です。

権限名 説明 権限の影響範囲

自身のカルテを所有する

学生にカルテを割り当てるで割り当てられたカルテは、この権限を持つユーザが自分のカルテとして入力できるようになります。

カルテが割り当てられると、ログイン後の画面にカルテへのリンクが表示されるようになります。auth1

担当ユーザーのカルテを閲覧する

同じ組織に所属する「自身のカルテを所有する」権限を持つユーザのカルテを閲覧できるようになります。

ログイン後の画面に、修学カルテ画面へのリンクが表示されるようになります。auth2

担当ユーザーにアドバイスする

担当ユーザのカルテにコメントできるようになります。カルテXMLでの”adviser”は、この権限を持つユーザです。

ログイン後の画面に、修学カルテ画面へのリンクが表示されるようになります。auth2

担当ユーザーの編集設定を変更する

担当ユーザがカルテを編集できる期間を設定できるようになります。

カルテを開いた画面で、[編集期間設定]ボタンが表示されます。auth3 学生のカルテ画面で、編集設定できるようになります。auth4

担当ユーザーへメッセージを送信する

担当ユーザ宛にメッセージを送信できるようになります。

カルテを開いた画面で、[メッセージ作成]ボタンが表示されます。auth5

カルテを設定する

カルテを登録/設定できるようになります。

ログイン後の画面に、修学カルテ画面へのリンクが表示されるようになります。auth2 修学カルテ(管理)画面で、「設定」リンクが表示されるようになります。auth6