学習記録ビューアの権限設定

学習記録ビューアのプラグインを使い始めるためには権限設定が必要になります。 学習記録ビューア システム管理者が権限設定を行なうことで、プラグインが提供する機能を使用できる権限を、特定のユーザに与えます。 権限があるユーザがWebClassにログインすると、使用する機能へのリンクが画面上に表示されるようになります。

学習記録ビューアで必要な権限設定とは

組織とロール

学習記録ビューアでは、プラグインを使用できるユーザを限定するために、まず「組織」を作成します。 組織は、グループやクラス、研究室、部署などの区分、学部・学科、教養課程や専門課程、教職課程など、プラグインを使用したいメンバーごとに自由に作成していきます。 組織を作成したら、メンバーを追加します。

diagram
Figure 1. 組織とメンバーの作成例

同じ組織内のメンバーでも、その役割によってできることが違います。一人一人権限設定するのは手間がかかるので、役割ごとにグループ分けを行います。 このグループを「ロール」と呼びます。

diagram
Figure 2. ロールの例

ロールに権限を設定する

学習記録ビューアではロールごとに権限を付与していきます。

例えば教職履修カルテプラグイン用に権限設定を行う場合、

  • "学生" ロールには、「自身のカルテの所有と記入」ができる権限を与えます。

  • "教員" ロールには、「担当ユーザーのカルテを閲覧する」権限と「担当ユーザーのアドバイザー欄への記入」ができる権限を与えます。

このように権限設定を行った時点で、権限があるユーザがWebClassにログインすると、使用できるようになった機能へのリンクが画面上に表示されるようになります。

組織階層

複数の組織を束ねる立場の人は、全体を俯瞰して情報を確認したり、複数の組織に属する学生のデータにアクセスできる必要があります。 学習記録ビューアの組織には階層構造を持たせることができます。

diagram
Figure 3. 階層を持った組織の例

上記の例では、組織 "経済学部" の下の階層に組織 "経済学科" を作成しています。 この状態で "学部長" ロールに「担当ユーザーのカルテを閲覧する」権限を付与することで、"経済学部" とその下階層の組織に属する全ての学生のカルテを閲覧できるようになります。

このように学習記録ビューアでは、組織構成とロールに与えられた権限によって、ユーザが可能な操作と見ることができる情報の範囲が決まります。

学習記録ビューア システム管理者

学習記録ビューア システム管理者は、学習記録ビューアの組織管理や権限設定を行うことができます。 初期設定では、この権限はWebClassシステム管理者に割り当てられますが、他ユーザにも権限を与えることができます。

権限設定の手順

学習記録ビューア管理画面を表示する

学習記録ビューア管理画面には、学習記録ビューア システム管理者組織管理権限を持つユーザがアクセスできます。

WebClassログイン後の画面で「学習記録ビューア」>「管理」をクリックすると、学習記録ビューア管理画面が表示されます。

organization management link
ip organizations

組織の情報を見る

学習記録ビューア管理画面にアクセスすると、最初に組織管理画面が表示されます。 組織管理画面の左側に表示される組織ツリーで組織をクリックすると、右側に組織情報が表示されます。 ここから組織メンバー変更や権限設定、下位組織の作成などを行います。

organization member
「Root」は全ての組織の親組織にあたる特別な組織です。最初から存在し、メンバーを追加したり、削除したりすることはできません。

組織を追加/削除する

  1. 組織ツリーから「Root」または下位組織を追加したい組織を選択します。

  2. 下位組織の[追加]ボタンをクリックし、「新規作成」するか、既存の組織を「検索して追加」するか、WebClassに作成されている「コースを追加」するか選択します。

    add organization
  3. 「新規作成」を選択した場合、「組織名」を入力し、[追加する] ボタンをクリックすると、組織が作成されます。

組織を削除する場合、組織画面右上の [削除] ボタンをクリックして削除します。

組織メンバーを変更する

組織画面のメニュー「メンバー」をクリックします。この画面から、WebClassユーザをメンバーに追加したり、メンバーから外したりできます。

organization member2
  • メンバーを追加する場合は[追加]ボタンをクリックすると、組織メンバー追加画面が開きます。

  • メンバーを削除する場合、対象メンバーの左側にあるチェックボックスにチェックを入れ、[削除] ボタンをクリックします。

  • ロールを変更した場合は、[ロールの変更を保存]ボタンをクリックして保存します。

組織をCSVファイルで一括登録する

組織管理画面から、CSVファイルを使って組織とその所属メンバーを一括登録することができます。

ip organizations import
CSVフォーマット
フィールド名 説明

organization_id

組織 ID

parent_organization_id

親組織 ID

organization_name

組織名(必須)

organization_name_en

英語の組織名

role_id

ロール ID

role_name

ロール名

メンバー登録するユーザIDを末尾の各カラムに1つずつ入力します(1ユーザごとにコンマで区切る)

重複するIDは登録できません。空欄の場合はランダムな英数文字列が自動的に割り振られます。
組織に2つ以上のロールを作成するには、2つ目のorganization_nameを空にし、role_nameに続けてメンバーを入力します。

「組織インポート」でCSVファイルを指定し、[インポート]ボタンをクリックします。 メンバーを置き換える場合は、「古いメンバーを削除してから追加」を選択します。

組織スケジューリング

組織メンバーを定期的に入れ替えたい場合、この機能が使えるかもしれません。 組織メンバー変更スケジュールをCSVファイルで登録しておけば、指定した日の0時に組織メンバーが自動的に入れ替わります。

当機能はデフォルトでは有効になっていません。当機能についてはサポートデスク(wcsupport@datapacific.co.jp)までお問い合わせください。

組織管理画面を開き、「組織スケジューリング」からCSVファイルを登録します。

organization scheduling

プラグインを設定する

組織で使用するプラグインを設定します。

  1. 組織画面でメニュー「プラグイン」をクリックし、[追加]ボタンをクリックします。

  2. プラグインを選択し、[追加する]ボタンをクリックすると、その組織で使うことができるようになります。

    add plugin
  3. プラグインを無効にするには、プラグインを選択し、[削除]ボタンをクリックします。

有効にしたプラグインでのデータ入力・閲覧権限を設定する必要があります。設定はメニュー「設定」から変更します。

organization setting

各権限の詳細については、各プラグインのマニュアルを参照してください。

設定を変更したら、[権限設定を保存する]ボタンをクリックします。

子孫組織の権限設定も再帰的に更新する

「子孫組織の権限設定も再帰的に更新する」にチェックを入れ保存すると、下位組織(直下だけでなく下位全ての組織)にもこの組織と同じ内容で権限設定されます。 下位組織にプラグインが追加されてない場合、プラグインが自動で追加されます。

学習記録ビューア システム管理者を追加/削除する

  1. 学習記録ビューア管理画面でメニュー「システム」をクリックすると、学習記録ビューア システム画面が表示されます。

  2. 「システム管理者一覧」の [システム管理者を追加] から学習記録ビューア システム管理者を割り当てることができます。

ip system

管理者から外す場合は該当するユーザにチェックを入れ、[管理者から外す]ボタンをクリックします。

発展

複数の組織に権限設定を行う

大量に組織を登録した際、組織一つ一つに権限設定をして回るのは時間がかかります。組織の階層をうまく利用することで、一括で設定を行う方法があります。 ここでは、授業評価アンケート用の授業を組織として登録する例で説明します。

まずは組織をCSVファイルで一括登録するを参考に、組織を一括で登録します。以下のようにCSVを作成し、組織に階層構造を持たせます。

CSVの例
organization_id parent_organization_id organization_name role_name

survey_management

授業評価アンケート

管理者

admin

授業担当教員

学生

survey_2019

survey_management

2019

survey_2019

基礎英語Ⅰ

授業担当教員

author1

学生

user1

user2

survey_2019

文章表現

授業担当教員

author2

学生

user3

user4

親組織となる組織にorganization_idを任意に設定し、子組織のparent_organization_idに親組織のIDを設定するのがコツです。

以下のように組織ツリーに表示されます。

organization tree

以上で組織とメンバーの設定を行いました。次に権限設定をします。

  1. 作成した組織の中で階層の一番上にあたる組織「授業評価アンケート」の組織情報画面を開きます。

    survey management member
  2. 必要なプラグイン(ここでは「授業評価アンケート」)を追加します。

    add survey plugin
  3. 以下のように、管理者、授業担当教員、学生それぞれの権限を設定し、「子孫組織の権限設定も再帰的に更新する」にチェックを入れた状態で保存します。

    survey auth

以上で権限設定が完了しました。下位組織の設定画面を開いて、権限設定が反映されていることを確認します。

course
course auth

全ての下位組織にも権限が反映されていることが確認できました。

組織管理権限を委譲する

v4.2.0から使用可能

一部の組織だけ別のユーザに管理してもらいたい時、組織を限定して組織管理権限を委譲することができます。

sub organization
Figure 4. 全体(修学カルテ)は自分が管理しているが、下位組織(1年生)は現場の人に管理してほしい

以下の手順で、特定組織のロールに、組織管理権限を設定できます。

  1. 組織ツリーから組織管理権限を委譲したい組織を選んでクリックします。

  2. 組織「設定」をクリックします。

  3. 組織管理権限を委譲したいロールを選んで、「組織管理」>「組織管理」権限にチェックを入れます。

    auth organization management
  4. [権限設定を保存する]ボタンをクリックします。

組織管理権限を設定した組織とその下層組織全てが管理対象となります。
下位組織での組織管理権限の設定は特に影響しません。

組織管理権限を持つユーザは、ログイン後の画面に「学習記録ビューア」>「管理」リンクが表示されるようになります。

management on menu

リンクをクリックすると、組織管理画面を表示できます。

organization management

組織管理権限を持つユーザは、学習記録ビューア管理者と比較して以下の制約があります。

  • 組織管理権限を持つ組織とその下層組織以外にはアクセスできません。組織エクスポートやインポート時も同様です。

  • 組織管理権限を持つ組織より下層にのみ、組織を追加することができます。

  • 下位組織追加時にコースを追加することはできません。

  • システム画面を表示することはできません。