JaSakai/AXIES/IMS 合同カンファレンス 2019

こんにちは。福岡です。

しばらく間が空いてしまいました。年度末のこの時期は、あちこちでメンテナンス作業などがあって忙しい時期になります。

さて、今日は法政大で開催された「JaSakai/AXIES/IMS 合同カンファレンス 2019 (http://www.media.hosei.ac.jp/jasakai2019/)」にお邪魔してきました。オープンソースの Sakai、大学ICT推進協議会 (Axies) および標準規格のIMSの方々が集まってのカンファレンスで、ノートルダム大学の Learning Analytics についても紹介いただきました。私は聞いていただけですが、WebClass も学習の記録を分析活用するのには興味があり、規格実装や分析の実例について勉強させていただきました。

分析のソフトや動作速度の話など具体的なところも話に上がって面白かったのですが、やっぱりこういうのは、やってみないことにはわからないですね。行けるところから手を動かして試行錯誤してみたいと思います。

またオープンソースシステムの良し悪しについても議論がありました。

  • 実装が公開されていて自分たちで直せることは強みではありますが、あまり触ってしまうとアップデート等での保守が難しくなってしまう。
  • オープンソースといえども、影響力の強いコミュニティの方向性が機能に反映されやすい面はある
  • 研究室で開発したツールは、学生が卒業するとノウハウの多くが失われやすい

ということでした。大学である程度の規模で運用しているところは、やはり外部の運用会社とタッグを組んでいるケースは多そうです。Moodleもそんな話をよく聞きます。

WebClassはオープンソースではありませんが、運用するサーバのミドルウェアにはLinux, PostgresやApacheといったオープンソースツールを利用しています。また、連携では標準規格もいくつか対応しています。オープンコミュニティのいい面と、企業の製品・サービスの形でサポートした方がいい面とは、うまく組み合わせたり、刺激しあったりして共存していけたらいいなと思います。

アバター

投稿者: 福岡 典幸

最近、朝のコーヒー牛乳+オリゴ糖がおいしい。