RHEL8 / CentOS8

こんにちは。福岡です。

CentOS 8 が 9月25日にリリースされました。

https://www.centos.org

WebClass を動かせそうか簡単にみてみましたが、もうしばらくかかりそうです。

主なパッケージ構成

  • Linux 4.18
  • systemd 239
  • Apache 2.4
  • PHP 7.2
  • PostgreSQL 10.6

CentOS7 からバージョンが上がっていますが、大きな変更があるわけではないです。

RHEL7では optional-rpms と extra-rpms のリポジトリ追加が必要で、さらにEPELを加えています。

RHEL8 のオプションリポジトリの構成までは確認できていないのですが、だいたい同じような感じだろうと考えています。

EPEL

EPEL は Fedora プロジェクトが提供している、Enterprise Linux 向けの拡張パッケージリポジトリです。

https://fedoraproject.org/wiki/EPEL?rd=EPEL/en

ですが、EPEL は ver.8 のパッケージがまだ揃っていないようです。v7のリポジトリと見比べても、現時点では明らかにパッケージ数が少ないです。後から足されるのか、それともパッケージが整理されたのでしょうか?

例えば n で始まるパッケージの比較

今日の時点で、例えば nkf が v8 にはないです。そんな感じで WebClass で使いたいパッケージがないため、いつもの手続きでは構築できていません。少し様子を見ます。

PHP 7.2 への対応

WebClass は現在、PHP 7.0 まで対応させています。PHP 7.2 ではまだテストできていませんが、先に Debian 10 の PHP 7.3 でテストしたときにはいくつか問題が見つかっています。

Debian 10 への対応で一緒に直していく予定です。

PostgreSQL 10 への対応

こちらもまだテストしていませんが、Debian 10 の PostgreSQL 11.5 で動かした感じでは、だいたい動いていました。検証していきますが、今の実装はすぐに対応できると考えています。

9 系くらいになって、PostgreSQL にもだんだん機能が拡張されていっています。RHEL8 は関係ありませんが、最近興味があるのはロジカルレプリケーション機能とテーブルのパーティション機能です。

画面上に表示させる結果には何も変わりませんが、その裏側の設計としてデータや運用規模が大きくなってくるのに対して、試してみたら面白そうだなと思っています。

Safari13 on iPadOS

こんにちは。福岡です。

9月20日に Safari13 のリリースノートをチェックした結果をこちらに書きました。

https://webclass.jp/blog/2019/09/20/safari13/

Safari と iOS のアップデートが同時にありましたが、その後、9月25日ころに改めて iOS 13.1 +iPadOS 13.1 がリリースされたときにApple のiOS/iPadOS リリースノートページが修正されていました。

Safari13 自体には大きな追加修正は入っていないようですが、iPad がどうなったのかレビューします。

iPad OS 13.1

iOS 13.1 + iPad OS 13.1 Release Note

日本語のリリースノート

アップデートできる機種

iPadOS になって、画面のでかいiOSだったのが、画面を活かしてより高度な使い方ができるように進化していくのだと思います。

iPadOS 上の Safari は Mac のSafari 同様に表示するようになります。

Safari on iPadOS

iPad で WebClass を開くと、画面サイズがそれなりにあるので WebClass のデスクトップ用の表示になります。これは以前からです。

アップデートされて教材一覧などは特に使用感に変化はありませんが、Safari13 on iPadOS になってフレームの表示に変更があります。WebClass ではテストや資料の教材を実行した時の表示に変化があります。

Safari on iOS 12.4

もともと Safari on iOS では、フレームの中身はスクロールで隠さないで、全部展開して表示していました。その結果、ページ全体が完全にフラットな1枚のイメージとして表示されていました。

テストの画面を表示してみると、問題表示の部分が全展開されています。

Safari on iPad OS 13.1

Safari on iPadOSではフレームもMacと同じように表示しますので、フレーム単位でスクロールが入ります。

フレーム箇所を一本指で動かすと、そのフレームのスクロールができます。

全体的に

今回のアップデートで Safari on iPadOS は基本的には Safari on Mac に近い感じで利用できるようになっています。

WebClass に関しては、特に利用に問題が出るような変更はなさそうです。

Safari13

こんにちは。福岡です。

macOS と iOS&iPad で Safari13 がリリースされました。iOS & iPadOS については、ver. 13がリリースされていて、それに Safari13が組み込まれています。

Safari のリリースサイクル

決まったサイクルがあるのかどうかわかりません。

iOS & iPadOS のSafariについては、ブラウザ単体でアップデートは提供されていませんので、OS のアップデートに含まれて新しいバージョンが提供されます。

何れにせよ、次のリリースバージョンは先行してベータ版が提供されているようです。

これら、一通りのリリース情報は developper.apple.com のdocumentationで確認できます。

https://developer.apple.com/documentation

このページの下の方に、OSおよびソフトウェアレベルのリリースノートのリンクがあります。

Safari13

リリースノートは以下になります。

Safari13 リリースノート
https://developer.apple.com/documentation/safari_release_notes/safari_13_release_notes

iOS & iPadOS 13 リリースノート
https://developer.apple.com/documentation/ios_ipados_release_notes/ios_13_release_notes

いずれも、機能レベルから開発者向けの SDK/API レベルの変更、またiOSについては既知の問題まで書いてあります。

色々ありますが、iPad では macOS 用のSafariと同じ表示モードが実装された都合で、横スクロールが発生するようなページのデフォルト表示や iframe の動きに変更があったのに注意がいるかもしれません。

Pickup for webclass

Safari13の、WebClassの利用に影響しそうなところのピックアップです。

追加

  • iPad では、mac OS Safari と同じ表示をする機能が追加されました。

セキュリティ

  • iframeによるページナビゲーション処理の扱いが変わりました。

表示

  • iPad では、横方向スクロールが発生するようなページのデフォルトのレスポンシブメタタグ解釈が変わりました。

削除された機能

  • iPad では -webkit-overflow-scrolling: touch のCSS指定が無効化
  • iOS 全般で、iframe を展開表示する機能がなくなり、デスクトップブラウザと同等の表示のされ方になります。

「セキュリティ > iframe」 の変更点ですが、リリースノートにはサラっと次のように書いてあります。

Changed the behavior for third party iframes to prevent them automatically navigating the page.

具体的にどこがどうなるのか、調査中です。

Cent OS8、そろそろ?

こんにちは。福岡です

RHEL8 が5月にリリースされていますが、CentOS8 のリリースを待っている人も多いのではないでしょうか。

たまたま調べていたら、CentOS8 のワーキングステータスのページを見つけました。

https://wiki.centos.org/About/Building_8#head-516d5e6556bb8523b52fba246953d32831582480

RC Work Done となっているので、最終工程でしょうか。

こうして工程やステータスが公開されているのは面白いなと思います。

WebClass で使えるサーバOS リリースとサポート状況

RHEL8がリリースされたようです。

いつも通り、評価版は期限付きで無料で試せるようです。

v7 からの違いをまとめたブログ記事を見つけました。

ntp パッケージが消えて chrony に統一されたり、出来たと思ったところの firewald が早くも消えたりと、また変化がありますね。

CentOS については、まだ v8 のアナウンスはありません。いつも少し遅れて出てきます。

Server OS Lifecycle

RHEL

RHEL のバージョンとサポート状況はこんな感じです。

いろいろフェーズがありますが、WebClass がサポートを続けるのは Maintenance Support 2 までです。この後のEnd of Extended Life-cycle Support フェーズは、RHELのサポートサイト上でドキュメント等は残っていますが、セキュリティ修正も提供されないフェーズです。RHEL6 はEnd of Maintenance Support 2 の期限が 2020/11/30 までとなっています。

WebClass についてはこれ以降は RHEL6 を考慮した実装やテストは行いません。また、実際の利用状況や、技術的な状況を加味して早めに切り上げることもあります。

Debian

Debian は2年の周期でメジャーバージョンが上がります。メジャーバージョンが1つ古くなってから1年は通常のサポートに含まれます。つまり、メジャーバージョンがリリースされてからだいたい3年のサポート期間があります。

その後は LTS (Long term support) が2年カバーします。

つまり、最長で5年程度のサポート期間があります。

現在カレントバージョンである Debian9 は 2022年6月末まで、1つ前の Debian 8 は 2020年6月末までとなります。

Debian は apt システムによりメジャーバージョンのアップグレードが可能です。入れ直しを必要としないので、あまりLTSをあてにしすぎずにアップデートしていくことを考えています。

いずれにせよ、WebClass は LTS の切れたバージョンはサポート外としています。

WebClass の対応

RHEL8 にはまだ対応していませんが、対応させていきます。ただし、現時点ではまだ具体的な予定日等は確定していません。

一方で、OS ベンダーの方でサポート切れになっている OS もまた、WebClass のサポートから外れていきます。

稼働しているシステムの更新・アップデートについて

WebClass もだんだんと大学の授業で広く使っていただけるようになり、サービスの停止時間を確保することが難しくなってきている学校もあります。

一方で、安心して利用し続けていただくためにも現在の技術動向に対応していったり、セキュリティアップデート等のメンテナンスは必要になります。

やりくりの難しいところもあるとは思いますが、システム管理者や利用者の方々と協力して、維持していけたらと思います。