iOS 16 & Safari 16

iOS 16、Safari 16 が9月13日(日本時間)にリリースされました。

iOS 16 Release Notes

https://developer.apple.com/documentation/ios-ipados-release-notes/ios-16-release-notes

Safari 16 Release Notes

https://developer.apple.com/documentation/safari-release-notes/safari-16-release-notes

Safari 16から新たな認証機能として「Passkeys」が利用可能になります。

また、Safariでは未対応だったCSSプロパティのサポートや、フォームに関する不具合修正も多く含まれます。

パスキーの概要 - Apple Developer

https://developer.apple.com/jp/passkeys/

パスワードレス認証に対応したサーバに対して、指紋などの生体認証のみでログインが可能となります。まだ対応しているサービスは少ないですが、パスワードレス認証を加速させる要因となりそうです。

WebClassに関係のある変更

WebCalss に影響のある変更はありませんでした。

最後に その他ブラウザのリリース情報はこちらにまとめています。

Mac OS monterey 12.0.1

Mac OS monterey が 10 月 25 日にリリースされました。
WebClass への影響は Safari を除いてありません。

最新版の Safari では、一部の pdf を資料取り込みをすると、教材が読み込まれない問題が生じています(Blog:Safari15)。現在調査中で、詳細が分かり次第、webclass.jp で safari 15 のブラウザリリース報告をさせていただきます。

Release notes

リリースノートは以下に記載されています。

https://developer.apple.com/documentation/macos-release-notes/macos-12_0_1-release-notes

機能の追加に関しては、以下に記載されています。

https://www.apple.com/macos/monterey/features/

気になった変更点

プロキシ自動設定ファイル での HTTP 廃止

セキュリティの観点より、HTTP から HTTPS への移行が進んでいます。ブラウザでも、HTTPS をデフォルトとして扱うアプリケーションが増えています。その流れを汲み、プロキシ自動設定ファイルでも HTTP を廃止し、HTTPS のみを扱うように変更されました。

今後について

現在、monterey の 12.1 の Beta 版が公開されています。

リリースノートは以下の通りです。

ple.com/documentation/macos-release-notes/macos-12_1-release-notes

変更がまだ加わる可能性がありますが、正式版がリリースされ次第、また確認します。

Windows 11

Windows 11 が10月にリリースされました。
WebClassへの影響に関する調査結果としては、WebClassの推奨ブラウザであるMicrosoft Edge, Google Chrome, FireFoxに関して、Windows 11 でもインストール可能であり、大きな変更もありませんでした。
また、WebClassの基本的な操作や表示についても問題はありませんでした。
そのため、Windows 11 へのアップグレード後もこれまで通りWebClassを使用することできます。

Release notes

更新履歴は以下です
https://support.microsoft.com/ja-jp/topic/windows-11-%E6%9B%B4%E6%96%B0%E5%B1%A5%E6%AD%B4-a19cd327-b57f-44b9-84e0-26ced7109ba9

新機能については以下のページで紹介されています
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/whats-new/windows-11-whats-new

システム要件は以下です
https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows/whats-new/windows-11-requirements

気になった変更点

WebClassへの直接の影響は無いですが、いくつか気になった変更点を説明します。

Internet Explorerの廃止

Windows 11 では、 Internet Explorer 11は標準でインストールされておらず、新たにインストールすることも出来ませんでした。

TPM 2.0が必須になった

Windows 11のシステム要件として、 PCが TPM 2.0 に対応していることが新たに追加されました。また、TPM 2.0 に対応していてもそれを有効にする設定になっていないとWindows 11へアップグレードすることはできません。

お使いのPCがWindow 11 のシステム要件を満たすかどうかをチェックするアプリが以下のページからダウンロード可能です。
https://www.microsoft.com/ja-jp/windows/windows-11#pchealthcheck

以下のページでは、TPM 2.0 を有効にする方法について説明されています。
https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/pc-%E3%81%A7-tpm-2-0-%E3%82%92%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AB%E3%81%99%E3%82%8B-1fd5a332-360d-4f46-a1e7-ae6b0c90645c

エクスプローラーのホームタブがシンプルになった

エクスプローラーにて、ファイルを扱う基本操作を行う「ホーム」タブがシンプルになりました。
よく使われる操作のみが常時表示されており、Windows 10 と比べて、文字での説明もほとんどなくなっています。

Windows 11
WIndows 11のエクスプローラー

Windows 10
Windows 10 のエクスプローラー

デフォルトブラウザの変更方法が複雑になった

Windows 11では、デフォルトのブラウザを変更する場合、「設定」→「アプリ」→「規定のアプリ」と選択し、さらにファイル形式(HTM, HTMLなど)や通信プロトコル(HTTP, HTTPSなど)に対して1つずつデフォルトのブラウザを選択していく必要があります。
Windows 10 では、「Webブラウザー」という項目で一括で設定することができました。

Windows 11 のデフォルトブラウザの設定画面
デフォルトのブラウザ設定

まとめ

Windows 11の変更点に関して、WebClassへの直接の影響は無いですが、
人によっては、アップグレード前にTPM 2.0の有効化が必要であったり、アップグレード後のデフォルトブラウザの変更方法が変わっているため注意が必要となっています。

iOS & iPad OS 15

Mac では Safari 15 がリリースされていますが、iPhone と iPad ではそれぞれ iOS 15 と iPadOS 15 も同時にリリースされています。

Safari 15 での WebClass 動作状況は先日に以下で紹介しました。

https://webclass.jp/blog/2021/09/29/safari-15/

ここでは iOS と iPad OS 15 にフォーカスします。

Release notes

ユーザ向けリリースノートは以下です

開発者向けの情報は以下です

ピックアップ

WebClass はWebのシステムなため、OSの機能をフルには使いません。ですが、現実的には iCloud の機能はレポートなどファイルの準備とアップロードに関係しますし、Notes や Apple Pencil あたりはメモをとったりする使い方に影響があります。

いくつか気になる変更をピックアップしました。

集中モード

集中モードというのが追加されています。睡眠中や仕事中などのいくつかのモードを定義でき、それぞれのモードではどのアプリからの通知だけ許可するか、誰からの通知だけ許可するか、など設定できます。

Wifi とかの設定の画面にFocusモードの枠が加わっています。


DoNotDisturb は私は解除し忘れたりするので時刻設定して自動でON/OFFしてもらえる機能は助かります。Sleep モードについては 寝る時間と起きる時間を設定していると反映してくれます。仕事などの日中の集中モードも、時刻と場所(位置情報)および使っているアプリで自動的に発動するようにできます。

大学生だと、授業中にサークルのLINEグループが盛り上がってて通知うるさい、みたいなのに対応できるんでしょうか。

ウィジェット(iPadOS)

私は Android も使っていて、ホームスクリーンのウィジェットもしばらく使っていました。ウィジェットの使い勝手はアプリと自分の使い方に依存するところが多く、最近はむしろ使わなくなりました。と思ったら、iPadOS に実装されたみたいです。

マルチタスクとクイックメモ(iPadOS)

iPad OSではマルチタスクのための操作体系が拡張されたようです。

ブラウザとノートを半々に開いて、調べたメモをノートにコピーしていくことができました。分割具合を調整したりするのはどうしても指だと不器用な感じが出ますが、全画面アプリ切り替えるよりはいいかなと思いました。

クイックメモは Chrome ではうまくいきませんでしたが、Safari でテキストを選択するとクイックノートのメニューが出てきました。メモ画面は画面を区切らず浮かせて表示できます。メモをとるのは標準アプリのNotes ですが、他のアプリに差し替えたりできないですかね。

まとめ

特に iPad は、個人的に注目しています。アルバイトの学生に話を聞いてみると、授業のノートを取るのに使っている学生もでてきているようです。話を聞いた子もそうでした。ノートを分けないので「あの科目のノート持ってくるの忘れた」も起きず、板書も記号や図、数式などそのまま書き着込めます。PDF の資料も取り込んで、その上から書き込みとかもできます。研究室配属されている子も、すでに論文を上でいちいち印刷することは無くなってきているようで、iPad 等で読みながらその上に線引いたりしているようです。

私も英語の勉強をするのに iPad + Apple Pencil を使うようになりました。ノートはワープロで取りにくいのは以前からわかっていましたが、ノートアプリにペンで手書きを実際にやってみると記入位置を入れ替えたりして途中に追加で書き込むスペースを作ったりもできて、便利です。文字は自動認識させずに、手書き文字のまま書いています。

引き続き、今の学生がどんなふうに勉強しているのか、できてしまうのか、ウォッチしていきたいと思います。

Debain 11 と unattended-upgrades

Debian 11 が8月にリリースされました。

PHP 7.4 + PostgreSQL 13 になっています。WebClass の対応状況は検証中ですが、構成はあまり変わっておらず、PHPもPostgreSQLも下位互換性のない変更はあまり無さそうです。

Debian 10 からですが、Install CD からインストールすときにパッケージの自動更新を有効にするかどうか聞かれます。このプログラムは unattended-upgrades といい、セキュリティアップデートなどを定期的にチェックして更新を適用します。

https://wiki.debian.org/UnattendedUpgrades

デスクトップ用途では便利かもしれませんが、サーバ用途ではサービスの再起動などがかかると夜に仕込んでいたバッチ処理に影響が出るなどするので、OFF にしています。

Install CDからインストールするとき確認画面で No を選択しているとパッケージもインストールされませんが、AWS 上のイメージを使ったときには最初から有効になっていたケースがありました。以下のコマンドで設定状況を確認して、もしあれば purge しています。

systemctl status unattended-upgrades
systemctl stop unattended-upgrades
systemctl disable unattended-upgrades
apt purge -y unattended-upgrades

Debian のaptコマンドは、インストールするときはプロセスを自動的に立ち上げてくれますが、remove/purge するときはプロセスを殺してくれません。なので、予めサービスを止めてしまいます。