Safari13

こんにちは。福岡です。

macOS と iOS&iPad で Safari13 がリリースされました。iOS & iPadOS については、ver. 13がリリースされていて、それに Safari13が組み込まれています。

Safari のリリースサイクル

決まったサイクルがあるのかどうかわかりません。

iOS & iPadOS のSafariについては、ブラウザ単体でアップデートは提供されていませんので、OS のアップデートに含まれて新しいバージョンが提供されます。

何れにせよ、次のリリースバージョンは先行してベータ版が提供されているようです。

これら、一通りのリリース情報は developper.apple.com のdocumentationで確認できます。

https://developer.apple.com/documentation

このページの下の方に、OSおよびソフトウェアレベルのリリースノートのリンクがあります。

Safari13

リリースノートは以下になります。

Safari13 リリースノート
https://developer.apple.com/documentation/safari_release_notes/safari_13_release_notes

iOS & iPadOS 13 リリースノート
https://developer.apple.com/documentation/ios_ipados_release_notes/ios_13_release_notes

いずれも、機能レベルから開発者向けの SDK/API レベルの変更、またiOSについては既知の問題まで書いてあります。

色々ありますが、iPad では macOS 用のSafariと同じ表示モードが実装された都合で、横スクロールが発生するようなページのデフォルト表示や iframe の動きに変更があったのに注意がいるかもしれません。

Pickup for webclass

Safari13の、WebClassの利用に影響しそうなところのピックアップです。

追加

  • iPad では、mac OS Safari と同じ表示をする機能が追加されました。

セキュリティ

  • iframeによるページナビゲーション処理の扱いが変わりました。

表示

  • iPad では、横方向スクロールが発生するようなページのデフォルトのレスポンシブメタタグ解釈が変わりました。

削除された機能

  • iPad では -webkit-overflow-scrolling: touch のCSS指定が無効化
  • iOS 全般で、iframe を展開表示する機能がなくなり、デスクトップブラウザと同等の表示のされ方になります。

「セキュリティ > iframe」 の変更点ですが、リリースノートにはサラっと次のように書いてあります。

Changed the behavior for third party iframes to prevent them automatically navigating the page.

具体的にどこがどうなるのか、調査中です。

アバター

投稿者: 福岡 典幸

最近、朝のコーヒー牛乳+オリゴ糖がおいしい。